写真家
福島 力
(社)日本広告写真家協会会員
《略歴》
昭和23年2月生まれ
明治学院社会学部卒業後、N.Yにてアシスト修行、帰国後(株)東京アドデザイナース、(株)T.K.O写真部を経て1986年(有)スタジオ リキ設立。
広告写真・CF・VIDEO、その他ビジュアルに関する仕事に携わる。
96から4年間(社)日本広告写真家協会の理事を務め、ビエンナーレ展覧会の副委員長、等を務めるが、約25年間の東京での仕事場を離れ、現在信州、長野に拠点を移し現在に至る。


《ライフワーク》
歌舞伎役者 市川左團次、を約15年撮り続ける。 波・涼風・霧森、また、Macを使い色々な事に挑戦をする。 デジタル写真においては業界においていち早く接し1987年には『摩訶不思議』のタイトルで 電通ギャラリー、各地にて、個展を開き世間を驚かし、‘こんなものは写真では無い’等との論議をかもした。 NHKのミッドナイトジャーナルの出演で手法を見せたのもこの年である。
 “写真は心である”を信念に写真が好きでたまらない男である。
《携わった主な代理店 広告主》
電通 博報堂 東北新社 大日本印刷 凸版印刷  キャノン販売 セイコーエプソン 森永乳業 日本航空 アメリカ屋靴店 ミキモト化粧品 ムトウ衣料 第一勧業銀行 埼玉銀行 三菱地所ホーム 三越デパート 東武デパート 大丸 函南スプリングス コムサ・デ・モード COSA-NOSTRA セーレン 日本婦人子供服協会 テイチクエンターテイネメント etc.